きこめくり

子育て、ねこ、音楽、食べ物。。。。。。 きままな日常つづりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたってきてました

時がたつのは随分と早いもので、
もう2週間もたっていたんですね。

3月17日(日)
横浜関内のlive house kamomeにて
歌って来ました。

覚書き
profit 18:10~
1. 僕らの音楽(インスト)
2. Almost like being in love
3. I'm coming back again
4. cheek to cheek
5. The lady is a tramp
6. Night and day
7. My funny valentine
8. Gift

ハコがこじんまりとしていて、お料理もおいしいので
ゆったりとくつろいでいただけるよう、あまり宣伝するな
とのお達しがアリ、おとなしめに宣伝してました。
でも、1バンド目の我々の時からもう満員御礼、
お料理足りなくなって来た状態。
ありがたや、でございました。

リハの時に、マイクの持ち込みを遠慮して欲しいとのこと。
快くkamomeのマイクで歌わせていただきました。
ここは、お客様との距離が程よく近くて、
音も気持ち良くて、やっていてほんっとうに気持ち良いです。
MCで思わず、楽しい。。。と言ってしまったほど。
ここではまたできたらいいなぁ




スポンサーサイト

やっぱりうたいます

授乳に追われて、すっかり告知を忘れていました。

亮太朗、めでたく2ヶ月になり、
どたばた子育ておばさんではありますが
ありがたいことに、もう歌わせていただきます。
3月17日(日)
横浜は関内のlive house kamome
です。
以前歌わせていただいたことのあるこのハコ。
程よい大きさと距離感で、とても気持ちがいいところです。
まだ詳細は決まっていないのですが!?
4バンド出演。
多分うちは最初です。
私たちはprofitというバンドで、ジャズを中心にデュェットなど織り交ぜながら
のステージになる予定です。
お時間がある方は、ぜひ♡

今年は富士山のふもとで

河口湖の山

ほぼ毎年参加させていただいている、
大学の軽音楽部のバンド合宿。
3連休に、今年も開催されました。
那須のキャンパスはまだ使える状態ではなく、
今年は河口湖で行われました。
諸事情により、わが家は1泊の参加でしたが、
家族ぐるみの合宿なので、大人も子供も多いに楽しみました。

私が歌ったのはこの4曲
1. We'll be together
2. What a wonderful world
この2曲はFried prideのコピーで、旦那と二人で。
旦那と二人でやるのは久しぶりだったので、嬉しかったなぁ。
ギターとボーカルだけと言うのは、独特の緊張感があって、
すごく楽しいです。

3. Dust my broom(Fleetwood Mac)
4. No More Rain(佐渡山 豊)
この2曲は何と女の子バンド。
そう、誰が何と言っても、「女の子」バンド。
とても楽しかったです。
3は久々のブルース。自由な感じが心地よかった。
4は沖縄の歌い手、佐渡山豊と言うかたのメッセーで色の強い歌。
強い気持ちで作られた歌は、歌に持ち上げられる気がします。
リハから演奏の回数を重ねるごとに、楽しくなる曲でした。

歌い終わった後に、ベース弾きの同期に、
「きこちゃんの歌は、楽器になるね」と言われました。
ここ数年で、一番嬉しい言葉だったかも知れません。
いろんな曲に、またたくさん出会いたいなぁ、と思わされました。

今回、旦那わちゅ、Mr.Bigのあの曲を電動ドリル使ってやりました。
15年ほど前にやったことはあったそうですが、
私はまだ見たことが無かったので、やってほしいとお願いしました。
合宿前に休みの日に「ちょっと向こうの部屋にこもるね」
という旦那をのぞきに行くと、ギターに電動ドリルを持った旦那が。
くぷぷ。
本番はとても良かったです。
みんなも随分盛り上がっていました。
あー、楽しかった。

奏太朗、ものすごく楽しんでいました。
大学生から幼児まで、10人以上の子供が集まっていて、
大きな子供が小さな子の面倒を見るのが、当然となっています。
奏太朗は最年少でしたが、おにいちゃんおねえちゃんがたくさんいて、
もう大喜びで、走り回っていました。
昨年よりも、子供たちだけの輪に、ちゃんと加われていました。
ちょっとはしゃぎ過ぎな感じはしましたが、
楽しんでいたので、良かったです。

鼻血とマイルス

楽しみすぎて、2日目の朝、温泉に入ったあとに鼻血が。
宿ではマリンスポーツの講習もやっているらしく、
只今講習中! の隣で鼻血出してる奏太朗の隣にマイルスデイビス。

来年は何か一緒に楽器ができるといいね。

BGMになりました。

7月某日、都内某ホテル。
集合時間の4時に、控え室として用意されたお部屋に向いました。
お部屋の前には、

BGMになる3

おぉ、カタカナ。
いつもはprofitと表記されているので、
何だかこっぱずかしい。。。

4時30分になると、お弁当が来る予定。

BGMになる1

あ、あれ、立派だ。
お弁当だって聞いてたんだけど。
お造りまであって、ご飯は別に盛ってあるし、
激ウマでした。

あぁ、満腹だし、何とこの直後に当日のギャラまでいただき、
もう一仕事終わったかのよう。
このまま帰りたいなぁ、と思いつつ、歌ってきました。

BGMになる2

これ、ピアノのMくん。
インスト曲の時にこそっと撮っちゃった。

Saxの先生たまちゃんのお知り合いからの紹介で、
とある学会の懇親会立食パーティーでの演奏を頼まれたのでした。
何となくの時間は聞いていたので、1時間から最悪1時間30分、
とにかく曲を用意して行こう、と15曲ほど出来るようにして行きました。
結局やったのは以下の13曲。
1 The Girl From Ipanema
2 Smooth Operator
3 Bem Que Se Quis
4 I will Always Love You
5 Cheek To Cheek
6 The Lady Is A Tramp
~休憩〜
7 Meditation(インスト)
8 All Of Me
9 Almost Lke Being In Love
10 In A Mellow Tone
11 Night And Day
12 Lullaby Of Birdland
13 You'd Be So Nice To Come Home To

出来なかった2曲は新曲だったんですけどね。
いつかやれる機会があるといいなぁ。

この日、もののみごとな超アウェイ。
みんな食べておはなしに来ている方々なので、
拍手なんて一切無い。
まさしくBGMでした。
それでも、ちょっとでも聴いて見てくれている人を捜し出しつつ。
半ば人前でリハをやらせてもらっているかの様な、
妙な感覚で、数曲やったころには
何だか楽しくなって来ていました。
人は聞いていないので、MCもなく、
ひたすら演奏を続け、途中で
「次の曲で終わって下さい」との声で終了。

良い経験しました。
とても楽しかったです。
ご飯食べて逃げて帰らなくて良かった、はは

ライブはええなぁ

先週の土曜日、無事ライブ終了しました。
多くの方に聴いていただき、ありがとうございました。
当日すでに体調があまりよくなく、
打ち上げにも参加せず帰宅。
翌日は廃人同様で何も出来ず、
おまけに奏太朗に風邪うつされて、
鼻じゅるじゅるですー。

2012.6.23

リハの時の写真です。
お気に入りのマイマイク。
旦那曰く、スカーンと良く通って聴こえる、と。
歌っていて、とても気持ちのいいマイクです。
マイクと自分が一体になっている気になれます。
その分、アラがすごくわかりやすいので、
よりテクニックがいるので、楽しいけど、難しいです。

覚書きです。
profit live@morph tokyo 2012年6月23日(土)
1 Samba De Marcos(渡辺貞男)インスト
2 All Of Me(伊藤君子)
3 Almost Like Being In Love(Emilie-Claire Barlow)
4 I'll Always Love You (樹里からん)
5 Cheek To Cheek (江利チエミwith Carl Jones)
6 Everlasting Love (Jamie Cullum)
7 The Lady Is A Tramp (Tony Bennet with Lady Gaga)
8 Let's Live Forever, Love (Roman Andren)

4の原曲はホイットニーヒューストン。
時事ネタですね。
樹里からんというアーティストがアレンジしていて、
とても素敵だったので、歌わせていただきました。
多くの人に良かったと言ってもらえたので、嬉しかったです。
5~7はデュエットです。
ベースのたくさんと一緒に。
デビューした事もある人なので、素晴らしい歌声です。
一緒にハモっていて気持ち良いです。
自分がもちっと精進しないとな、と思わされます。

とにかく無事に終わって良かったぁ。
ちょいちょい反省点はありますが、まぁ、ね。
他のバンドももちろんすごく良かったぁ。
ほとんど楽屋で聴いていたけど、
どこも、すごく楽しめました。
旦那も、新調した衣装で、スマートなインド人になって
頑張ってました。
最後に大団円として、4バンド全員がステージに上がって、
James BrownのLivin' In Americaを。
奏太朗も一緒にステージに上がって、
旦那の側でドラムを乱れ打っていました。
もんのすごく楽しかったようで、
もうにっこにこでした。

ライブの間中、いろいろな人たちに思いっきり遊んでもらった奏太朗。
楽屋にいた人たち全員に、遊んでくれ光線炸裂。
こやつは、本当にどこでも生きて行けるなぁ、
と再確認しました。

とても楽しかったです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。