きこめくり

子育て、ねこ、音楽、食べ物。。。。。。 きままな日常つづりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館デビュー

oceans

ワーナーマイカルで、【ウィズ・キッズ・シアター】という催しがあります。
子育て中でも、子供と一緒に映画館で映画を見よう、というものです。
基本的に毎週木曜と土曜に、朝一でやっています。
上映される映画は、その日によって違います。

もともと映画が大好きな夫婦なので、ぜひ一度行ってみたい、と
先週の木曜日のお休みの日に、3人で行ってきました。
webでの予約はなく、当日チケットを購入して、自由に席を選んで座ります。
障害者手帳があるので、私達には、この方が安上がりだったりします。
この日は、OCEANSを上映していました。
子供に負担にならないように、部屋は明るめにしてあって、音も小さくなっています。
子供と一緒が前提なので、子供が泣いてもお互い様。
上映中は、放牧されている女の子が、側をてくてく歩いていたり、
一生懸命抱っこして立って子供をあやしている人もいたり。
奏太朗は、放牧したらどこに行くのかわかったものではないので、
夫婦の間に座らせて、飲み物やらおやつをあげて、
たまに膝の上に乗せたりして、たまにのけぞって反抗しましたが、
何とか上映中は一緒に見ることが出来ました。
基本的に動物は好きなので、最初にはちょうど良かったかもしれません。

映画自体もとても面白かったです。
海の生き物の、普段は想像もできない姿や表情が愛おしく、
悲惨な状況の中で、頑張っている姿は切なかったです。
ま、こういう内容のものは、いかに本当の姿を見せるか、なので
かなり好みは別れるのではないでしょうか。
あまり書くとネタバレになってしまうので。。。
私は、ジュゴンの草を食べている表情と、
サメの沈んで行く姿が忘れられません。
フカヒレは、あんまり食べたくなくなるかも。。。。
スポンサーサイト

「おとうと」でいろいろ考える。

おとうとチケット

今日は、本当に忘れられない1日となりました。
今日から公開の映画「おとうと」の初日舞台挨拶に行って来たのです!!!
依然とある映画の舞台挨拶に初めて行ってみよう、と申し込もうとしたら、
一瞬にして完売に。
と言う話を前に一緒にした、さんぱちさんをお誘いして、行ってきました。

今回はチケットをとるのに、PCではなく、ローソンのloppiを使って、
販売開始時刻ちょうどに、申し込みボタンを押せるようにスタンバイ。
見事2枚チケットを獲得出来ました。

初日初回の上映は9:40スタート。
普通に予告から始まり、本編。
笑福亭鶴瓶演じるおとうとと、姉の吉永小百合を中心とした物語。
語り口は、淡々としているようでも、全く飽きませんでした。
いつも騒ぎを起こしてまわりに迷惑をかけるおとうと。
常にかばい続ける姉。その娘の名付けのエピソード。
娘の結婚、離婚、再婚。
人はどうやって死を迎えるか。
たくさんあるメッセージが、良い塩梅で散りばめられていました。
観ながら、いろんなことを考えさせられ、涙腺が見事に緩みました。
個人的には、石田ゆり子がすごく良かったように感じました。

本編が終了し、舞台挨拶の準備が始まりました。
一斉に最前列に詰め寄せるカメラマンたち。
横の通路には、テレビカメラがずらーっと陣取ります。おぉ。
やがて、テレ朝のアナウンサーが司会を始め、みなさん登場されました。
山田洋次監督、石田ゆり子、小林稔侍、蒼井優、加瀬亮、笑福亭鶴瓶と吉永小百合。
実は席が前から7列目。何もなくてもしっかりとみなさんを見ることが出来ました。
石田ゆり子は細くて、スタイル良くて、すごくきれいでした。
吉永小百合は年齢とはほど遠い美しさにびっくりでした。
蒼井優はいつも目にする、ふんわりとした印象でした。
小林稔侍さん、顔真っ赤、むくんでる、よっぱらってたでしょ~~~~~ はは
笑福亭鶴瓶は本人の話はもちろんのこと、他の人のフォローも完璧で、
さすがだなという語り部でした。
山田監督は、ベルリン映画祭での受賞が決まった直後で、おめでとうございます!
加瀬亮、あなたに逢いたかったんです。同じ時間を少しでも過ごすことが出来て、
本当に嬉しかったです。来場していた誰よりも顔が小さくて、びっくりしました。
舞台挨拶、想像した以上に楽しかったです。
また面白そうなものがあったら、ぜひ行ってみたいです。
そして、「おとうと」面白かったです。

奏太朗は旦那わちゅと仲良く、良い子で待っていてくれました。
どうもありがとう>わちゅ&奏太朗

今更ながら This Is It

本当に今更ながら、なのですが、
昨年末に観に行く機会を逸してしまいあきらめていました。
折角再上映されているのだから、
でっかいスクリーンに、旦那と二人で観に行きました。
奏太朗は、ちょっと預かってもらいました。

This Is It 面白かったです。
最初の10分くらいですでに泣きそうになり、
後は自然に足先から徐々に体が動き、ノリノリに、
最後の円陣のあたりからまた泣きそうになり、
全く飽きない時間を過ごすことが出来ました。

本当に単純な説明もほとんどないドキュメンタリー。
まさに、説明なんていらない。
マイケルはもちろんのこと、まわりのスタッフ、アーティスト
みんなが、愛をもって、楽しんで臨んでいることがとても良くわかりました。
マイケルのリハなのにすごい衣装にも圧倒されましたし、
歌に対する姿勢にも、感動していました。
そして、何よりもすべてに対する愛はすばらしかったです。
いろんな意味で、たくさんのメッセージが込められていましたね。
マイケルがすでにいなくなってしまったのは本当に悲しいですが、
おかげで、こんな素晴らしいメッセージを見させてもらえて、ありがたかったです。
リハで、本気ではない状態であんなにかっこいいのだから、
生きて、7月にライブをやっていたら、どんなにすごかったでしょう。
実際にライブを出来なかったから、伝わった気持ちもあったのかな。
すべてのことには、ちゃんと意味があるのだな、と思ったりもしました。

超一流のプレイヤーがそろったステージは、もううなるしかありませんでしたね。
それでも、リハで見られる楽しそうなみんなの表情は、
ライブを作る側の、楽しさを思い出させてくれました。
やっぱ、ライブは見るより、やった方がたのしい。レベルは違い過ぎますが。

今日も余韻が残りまくりで、ラジオで流れてくる音楽が、全部マイケルになっていきました。
実はDVDはすでに予約済み。
届いたら、ヘビーローテですね。奏太朗にも聴かせよう。
とにかく、劇場で見られて良かったです。
いいものみました。

-----------------------------------------------
おやつ奏太朗とぽち

本日の奏太朗。
おやつをあげたら、いつもリビングの座椅子に座って食べます。
今日もそのつもりだったのに、先客が。
迷うことなく、その場に座った奏太朗なのでした。
どちらも動かない。どっちもやるな。

とても観たいMammaMia~ABBAのこと

のは、最近ものすごくCMで見かける、映画の話。
ミュージカルなんですが、全曲ABBAです。
実は数年前に、舞台を観に行きました。
なぜって、ABBAが好きだから。
私のABBA好きは、小学校のころからなので、数えられないくらい昔の話です。
「600こちら情報部」というNHKの番組(古い!なつかしい!)で
ゲストで出たABBAを観たのが、最初でした。
それから好きになり、小学生だった私は一人で買い物も出来ず、
母親にABBAのLPを買ってもらい、部屋にこもって聴き入りました。
また訳もわからなかった英語の歌詞を、親に読み方を教えてもらい、
歌えるようにカタカナで書いて、練習しました。
思えば、私のボーカルの原点かもしれません。
大学では、同期でABBAを全面否定する男の子と、泣きながら
ABBA論を展開していました。
結婚式の披露宴では、全曲ABBAにさせてもらいました。
今となっては、もう好きな理由もわかりません。
でも、多分知らない曲はないと思います。
昔販売された、4枚組のカラーLPもまだ持っています。

んで、今回の映画です。
正直ちょっとびっくりしました。おぉ、映画化されたか。
しかもメリルストリープが出てる!
お父さん候補もかなり豪華キャスト。
前に観た舞台は、曲はABBAだったのですが、歌詞が日本語でした。
違和感ありまくりで、一緒に英語で歌ってました。
みんなが知っているメジャーな歌だけでなく、
結構マニアックな曲も使われていて、私には楽しくて
舞台自体は面白かったので、今回のこの映画、かなり観たいです。
外国ではかなり観られているようですね。
う~ん、劇場に足を運ぶのは、ちょっと難しいので、
DVDが出たら、家のプロジェクターででも観ようかな。
買っちゃいそうだな。うん

奏太朗、今日のご飯は
朝:トースト、豆乳コーンスープ、いちご
昼:サンマと舞茸のトマトスパゲッティ、メロン
夜:ゴマおにぎり、カレーシチュー、牛乳、みかん
おやつは、バナナ ふかしいも でした。
とても寒くて、じとじとした1日でしたね。
本当は、アートホールの神奈川フィルの公開リハーサルに行く
つもりだったのですが、天候悪いと、脚の具合が最悪で断念。
ほんっとうにくやしいです。
ま、きっとそのうち行けることでしょうが。
なので、1日うちですごしました。
奏太朗は、家中走り回るのですが、外での散歩に比べれば
運動量が少ないみたいで、お昼寝も正午過ぎてから。
明日はお外でお散歩したいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。